乾燥肌の予防や改善のためにも生活習慣を見直す対策が重要

乾燥肌は加齢や生活環境によって起こりやすくなります。

しかし、しっかりと対策を取れば、乾燥肌の症状の予防や改善に繋げることができます。

空気の乾燥に気をつける

冬から春にかけては特に空気が乾燥しやすい季節です。梅雨時期は湿度が高いので、肌の乾燥から考えると過ごしやすい時期かもしれません。

夏も汗をかくので乾燥しにくいと思われがちですが、冷房や扇風機などの影響で空気が乾きやすくなります。また、気温がかなり高くなるので、水分が蒸発しやすくなり、やはり肌が乾燥しやすい時期だと言えるでしょう。

空気の乾燥は肌への影響も大きくなるので、こまめな保湿ケアが重要になります。部屋の空気が乾燥する場合は、加湿器を利用するのも良い方法です。

最近は湿度を考えたエアコンも販売されているようなので、それを利用するのも一つの方法です。

新陳代謝の低下で肌が乾燥しやすくなる

加齢とともに体の新陳代謝が衰えてきて、肌も乾燥しやすくなります。しかし、年齢が若くても運動不足やストレスが続くと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

肌の乾燥は体質もありますが、生活習慣を見直すことで状態を良くしていくことが可能です。なるべく肌の乾燥を防ぐためにも、あらゆる面で保湿を考えた生活を送るように心がけたいものです。

入浴後は肌の水分が蒸発しやすい状態です。すぐに肌の保湿を補うために、化粧水やクリームなどで肌の水分の蒸発を防ぐようにしたいものです。

お湯での洗顔も肌の水分が蒸発しやすいので、すぐに保湿対策を行うようにしましょう。一度乾いてしまった肌だと化粧水やクリームなどをつけても、浸透しにくくなってしまいにくくなってしまうので気を付けたいものです。

まとめ

肌が乾燥することでバリア機能が低下してしまいます。その為、紫外線などの外気の影響を受けやすくなってしまい、肌トラブルが起こってしまいます。

保湿に気をつけていることで、健康な肌を保ちやすくなります。食生活も含め、生活習慣を見直し、改善していくことが乾燥肌対策の効果が高まります。